ThinkPad X1 Extremeを買った話

パソコンを買った。前のパソコンはそろそろスペックが追いつかなくなってきていたし、タッチパネルも壊れたしというのが理由。

ちょくちょくゲームをする際にスペックが足りずにヤキモキする事もあったし、せっかくなので長く使えるスペック高めのノートにした。

ThinkPad X1 Extreme

だいたいスペックは以下。

CPU: Core i7 8750H
RAM: 32GB
SSD: 512GB
GPU: 1050 Ti With Max-Q
液晶: 10点マルチタッチ4K液晶(Adobe RGB100%)

15インチクラスのハイスペックノートは、落ち運べなくはないし、グラフィックボードも乗っているので多少の負荷をかけても大丈夫だし、という、これまでデスクトップPCかゲーミングノートに任せっきりだったようなエリアに対して切り込んだ形。
これまではオンボードのマシンしか使ったことがなかったので、グラフィックボードが乗っているPCを使うのははじめてのこと。

キーボード

ThinkPadは、キーボードとトラックポイントに定評があるイメージだった。
実際に使ってみると、確かに使いやすく、慣れるまで時間はかかることが予想されるものの、ホームポジションからほとんど指を動かさずにすべての動作が完結するのが新鮮かつ楽しい。

マウスを持つという作業をしなくなったため、今度は方向キーを押すために手を動かすのが億劫になり、無変換を押しながらjkliキーを押すと方向キーとなるように設定した。これで殆どの操作をホームポジションから動かさずに済ませることができるようになったため、多少なり効率が上がるように思う。

ストリートファイターV

少し前から、ほそぼそとストリートファイターVをプレイしてるのだけれど、GPUが入っているので、このパソコンでは驚くほどサクサク動く。
これまではかなり画質の設定を落としてようやくという形だったので、これは大きなモチベーションになりそう。